HOME | pt to wm

W&T

 『100の資格より1つのオリジナル』

活用実績・活用例

30代・女性 / パーソナルトレーナー
(ウェルネスメンター プログラム 2020年取得 )
+++++++++++++++++++++
◉専門学校を卒業してトレーナーの資格も取得したのですが、パーソナルトレーナーとしては仕事が取れませんでした。それでも独立がしたかったので弾正さんのカウンセリングを受けてみました。カウンセリングで弾正さんに40歳でも50歳でも国家資格を持っていようが仕事に困っているベテラントレーナーは沢山いる事を知らされとても驚きました。トレーナーのほとんどが経営の勉強をして来なかったことで活動が頭打ちになっている事もうなずけました。
 
講座はマンツーマンで受ける事が出来たので知識の足りている座学はカットして、サービスクオリティの向上と活動の方法をしっかり固めて頂きました。WEBマーケティングはホームページの作り方からはじめ、料金の設定方法や年間契約、合宿の組み方などの方法も実際に役立てる事が出来ています。
 
講座は6ヶ月で修了しましたが、その後は半年で月収が4倍以上になっています。これは
①単価を上げた事→サービスクオリティが上ったから
②定期契約制にした事→1回の支払額が大きい
③WEB集客構築→24時間集客が可能になった
④顧客管理能力が身についた→やめる人が減った
以上が身についたから実現できた事です。
 
この講座を受けなければ今でもジムスタッフとして働いていたと思います。
本当にありがとうございます。
 
メーカーOLからの転職・30代女性
(パーソナルトレーナー養成講座 総合編 2019年受講)
++++++++++++++++++++++++++
・働く時間を自分で決められて、収入も良い
→スケジュールはお客様との相談
→60分の指導料は最低でも6000円
 
・普段会うことのない人との出会いが楽しい
→沢山の人との出会いが自分を更に成長させてくれます。
 
・一人で活動できるからストレスが少ない
→上司も部活のいないストレスフリーが当たり前の業界です。
 
 ◎勤務地が基本的に工場だったので、人との出会いも少なく塞ぎ込んだ人生になりがちでした。このまま歳を取りたくないと思い転職を本気で考えていました。
ジムで出会ったトレーナーさんにこちらの養成講座を教えてもらい無料相談に申し込みました。弾正さんが親身になって相談を聞いてくれたので色々と話しているうちにダメもとでチャレンジしてみることにしました。
トレーナーになるなんて正直今でも実感が薄いのですが、実際にお客様がひと月ごとに増えていく事や、お客様がお客様を紹介してくださったりしてくれる環境が自分の存在意義のようなものを認めてくれているような気がして、毎日やり甲斐に溢れています。
トレーナーはまだまだ勉強不足だけど、一度しかない人生を前のままで終わらせないで良かったと思っています。

 

 現役パーソナルトレーナー・30代男性
(ウェルネスメンター プログラム 2019年取得)
+++++++++++++++++++
・WEBでの集客が整えられる。
→HPの作成やSEO対策まで手伝って頂きました。
 
・最初はマンツーマンだからしっかり聞ける。
→聞きずらい事も聞けます。
 
・今後のトレーニング業界の事も予測して動けるようになった。
→10年後や20年後まで考えられる視野ができました。
 
弾正さんの勉強会に以前からお世話になっていたので、その流れで応用編を申し込みました。
自分は6年間ジムでパーソナルトレーナーをしていたのですが、月収の頭打ちに悩み受講する事にしました。
講座の最初はマンツーマンで教えてもらえるのでピンポイントで知りたい事を聞けてとても良かったです。
講座を受けている最中にホームページを作ってSEO対策なども一緒にやってもらえたので、ちょうど講座が終わる頃にはジム以外からもお客様を取る事ができました。
僕のジムでのレッスンは30分が多く、ひと月に200本以上やらないと40万円にならなかったのですが、今ではコースのレッスンを3本買って頂ければ45万円になり、レッスンの本数も半分以下になった分、お客様に良いサービスを提供できています。
全ての面で良い流れを作れていると感じますし、さらに新しい価値が作れるような自信も時間も出て来ていると思います。
宣伝ではなくて、本当にもっと早く受ければ良かったと思っています。

 

パーソナルトレーナーから
ウェルネスメンター


パーソナルトレーナーがウェルネスメンターの考え方を取り入れる事で得られる利点は以下の通りです。
 
①活動範囲の拡大
②収入の増加
③活動寿命の延展
 
理由は以下の通りです。
 
①活動範囲の拡大
→パーソナルトレーナーの仕事がトレーニング指導や栄養指導が中心なのに対し、ウェルネスメンターは健康で豊かに生きていく為の指標全般となります。『60分間のレッスン』『16回のレッスン』というサービスの提供から『年間契約』『メンター契約』と言った広く深いお客様との関わり方となります。
さらに、個人のお客様との契約だけではなく、企業や自治体などの団体単位で健康指導をコンサルティングできる働き方となります。
 
②収入の増加
→パーソナルトレーナーとしての相場ではなく、コンサルタントとしての相場で報酬を得られるようになります。
個人契約ではなく団体との契約の場合、チームを組んでトレーナーを派遣するトップの役割もできなければいけません。その場合は個人との契約より何倍もの大きな収入を受け取る事ができます。
 
③活動寿命の延展
→パーソナルトレーナーは比較的若い人が行う職業です。少なくとも30代半ばの間にウェルネスメンターのような考え方を学んでおくことをお勧めします。
40代からは今までの経験を生かして新しいステージに登っておくべきです。
ウェルネスメンターとして活動する事で、新しい人脈や案件などに出会える事ができます。
反対にパーソナルトレーナーのまま歳を重ねる事は非常に危険です。
この業界自体が若いのでその危険性がわかって来たのも最近です。
パーソナルトレーナーはとても素晴らしい仕事ですが、客観的に見て活動寿命は長くない仕事です。
素晴らしい仕事だからこそ長く続けてきた方には次のステージでも活躍して頂きたいと願います。
 
総合的に見て、パーソナルトレーナーはウェルネスメンターへの発展に最も適している業種です。
 
パーソナルトレーナーに限界を感じている方には強くインストールをお勧めします。